【ドル円最新予想】米リセッション懸念高まる中、PMI・PCEに注目!どうなるドル円・ユーロドル・豪ドル・NZドル!

スポンサーリンク
相場予想

※2022年5/28追記更新!

どーも!Nyaoです!

2022/5/23-週の相場見通し動画について

視聴者の方からのご質問へのご回答追加情報の更新など

適宜、このブログに追記しておりますので

ぜひ最後まで読んでくださいね!

ヒュウィゴー♪

【Nyaoのプロフィール】
・資産運用会社投資ファンドでアナリスト経験5年。FX歴12年。
・証券アナリスト資格有。京都大学工学部卒。
・"超わかりやすいファンダメンタルズ解説” を目指して2021年よりSNS配信開始。
→詳細:「【自己紹介】Nyaoって何者?投資ファンドで働いてたってほんと?」

まずは下の動画をご覧になってから
この記事を読まれることを強くオススメします!

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

動画へのご質問など ※2022年5/28追記※

Q1. FOMC議事要旨(5月開催FOMC分。5/25深夜開示)は注目した方がよかったの?

A1. もともとは注目してなかったっす!

 「どうせFOMC後にFRBメンバーが発言してた内容と変わらんやろ」って理由です。

 ブラードさんもタカ発言弱まってたし。

 ということで上の相場予想動画でもノータッチ。

 ただ、あまりにも週初めからのドル売りスピードが急ピッチやったんで、

 一旦の調整材料として使われそうかなとみてましたね。

 結果は全く材料ならずw

 ちょこっとだけドル買い入った??みたいな程度。

 「6月、7月は+0.50%利上げしていきます」ってそんなもん

 2週間前の動画のときから知っとるわ!!ってことで

 マーケットもほぼ反応なしでしたね。

Q2. ユーロドルがロング目線に変わったのなんで?

A2. 元々の戦略は1.0640明確に抜けるまでは戻り売り目線やったNyao。

 ちなみにこの1.0640は2020年3月の安値と直近高値のレジサポライン。(下図の紫ライン)

 正直1.0640近づいてきたときは「いよいよか?」と身構えてた。

 けどそのとき事件発生。

 あのハト派筆頭のラガルドさんが突如タカに豹変・・・!!

 もはやユーロドルショートは危険と判断したところに追い打ちで、

 翌日PMIが悪化。住宅指標も悪化。

 これ完全に米国経済あかんやつやん・・・・=ドル売り

 ということはユーロ買い。(ここようわからんって人はこの動画見てね

というわけでユーロドル買い始めたわけですな。

翌日の金融安定報告書の内容がえらいこっちゃでその勢いも一旦収まりましたが。

※金融安定報告書って何ぞや?どんな内容やったん?って方は

 こっちの記事もぜひ読んでね(※準備中)

Q3. 中国景気回復期待の要因として上海のロックダウン解除の他にも

  LPR(ローンプライムレート)引き下げの話もあるみたいやけどどゆこと?

A3. これはちょっとマニアックな話なんで下の記事で解説してます。

【あわせて読みたい記事】
LPRについてはこちらの記事もご参考あれ
→「LPRって何?中国人民銀行の金融政策ようわからん!って人向け。超分かりやすい解説」

関連情報一覧 ※2022年5/28追記※

◆ブログ記事

オーストラリアの総選挙(2022年5月21日投票)の概要と相場への影響

ECBの金融安定報告書とは?どんな内容だったの?(※準備中)

LPR(ローンプライムレート)って何?中国人民銀行の金融政策ようわからん!って人向け。超分かりやすい解説(※準備中)

◆YouTube動画

通貨の相関性について学びたい方はこちらの動画:
 【実践向け】相関性を使うだけで面白いように勝てる!

まとめ

本日の内容は以上です。

今後もYouTubeでの動画投稿に加えて視聴者の方からいただいたご質問などを中心に

Q&Aや追加情報などをブログでは掲載していきます!

ぜひご覧くださいね!

ということで、、

この記事をご覧になった方は

ぜひぜひお待ちしております(結局最後は宣伝かいっw)

ってなわけで、それではまたお会いしましょう♪

See You(‘ω’)

文責:Nyao

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました