【ファンダ用語集 – さ行】資産運用会社

スポンサーリンク

投資家からお金を預かってお金を増やすのが仕事の会社。
公式に認められた投資のプロ
Nyaoが昔勤めてた会社。投資ファンドのイメージが強いかも。

【あわせて読みたい】
【自己紹介】Nyaoって何者?投資ファンドで働いてたってほんと? | FX Nyaoのファンダ教室

大体企業名の最後に「~アセットマネジメント」ってつくのが特徴。
個人投資家だけでなく、GPIFをはじめとする機関投資家からもお金を預かり、お金を増やす仕事を担う。

スポンサーリンク




証券会社と違い、報酬体系に成果報酬型が含まれることが多い。
要はお客さん(投資家)のお金をどれだけ増やせたか?×●%で報酬が決まる形。
お客さんのお金を増やすほど自分たちの報酬も増える仕組み。
(証券会社は商品を紹介したら終わりやから正直お客さんが勝っても負けてもあんまり関係ない

スポンサーリンク




やからモチベーションが全然違う。
ガチでお客さんのお金を増やしにいく。
逆に成績不振が続くとお客さんからの信頼も失うので常に緊張感を持ちながら日々を過ごしてるファンドマネジャーも多い。

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました