日銀短観の見方と注目ポイントを簡単解説!ファンダ初心者でもわかる!日銀短観の使い方!

スポンサーリンク
ファンダイベント解説

どーも!Nyaoです!
資産運用会社のアナリストやってました!

今回は日銀短観の使い方を簡単解説!
めっちゃ簡単にサクッと解説していきます!

それではまいりましょう!
ヒュウィゴー♪

【Nyaoのプロフィール】
・資産運用会社投資ファンドでアナリスト経験5年。FX歴12年。
・証券アナリスト資格有。京都大学工学部卒。
・"超わかりやすいファンダメンタルズ解説” を目指して2021年よりSNS配信開始。
→詳細:「【自己紹介】Nyaoって何者?投資ファンドで働いてたってほんと?」

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

日銀短観とは?

基本的なところはこちらで解説。日銀短観知らんかった人は必ず先に読んでね。

以下、7/1発表の日銀短観で注目すべ3つのポイントを簡単に解説していく。

スポンサーリンク




注目ポイント①:企業の景気見通し

今回の日銀短観に注目が集まっている理由の一つが、日銀の金融政策正常化期待。
簡単に言えば「いつ金融緩和やめんの?引締めに入るの?」ってところ。

当然、金融引締めに入るには、
①日本経済が安定して回復基調にあって、
②程よいインフレ率(CPI(前年比)2%程度)をキープできてること
が最低条件。

その①を判断する材料となるのが、日銀短観の中の景気見通しの項目。
日銀短観の中の「1.業況判断」というところで見ることができます。

引用元:短観(概要)2022年3月 (boj.or.jp)

スポンサーリンク




注目ポイント②:企業の物価見通し

次に注目すべきは物価見通し。
これは前述のインフレ目標(CPI前年比)2%を安定的に、ってとこを確認するため。

日銀短観の「7.企業の物価見通し」で確認できる。

引用元:短観(概要)2022年3月 (boj.or.jp)

スポンサーリンク




22年3月の日銀短観、同じ項目7.の全産業欄の赤枠を見ると、

1年後、3年後、5年後のいずれにおいてもインフレ見通しが確認できる。
この傾向が今回も継続するかが注目ポイント。

注目ポイント③:想定為替レートはどのあたりか?

日銀短観では企業の提示する事業計画の前提となる想定為替レートも確認できる。

一番簡単な見方は、

スポンサーリンク




ドル円の為替レートと、自動車メーカー(トヨタとか)の事業計画書を見て、想定為替レートの見通しが日銀とどの程度乖離があるか?をチェックすること。

また、ドル円レートがどこまで変化するとその企業は赤字になってしまうのか?なども見てみると非常に面白い。

日銀(厳密には財務省)がどのあたりに為替レートが来ると介入を検討し始めるのかがなんとなく見えてくる。

まとめ

本日の内容は以上です。

今日の説明を見れば初心者の方でも日銀短観の要点はわかるようになったはずなんで
発表後は必ずチェックするようにしよう!

ということで、、

この記事をご覧になった方は

ぜひぜひお待ちしております(結局最後は宣伝かいっw)

ってなわけで、それではまたお会いしましょう♪

See You(‘ω’)

文責:Nyao

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーリンク

<ディスクレーマー>

当ブログのすべての動画は教育目的で作成されたものです。
相場についての個人の見解を、過去の情報・チャートから解説したものであり、
未来の利益を保証するものではありません。

売買取引についての判断は一切行っておりませんので投資をされる場合は、
それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

当ブログを通じて生じたいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

<著作権について>

当ブログの記事内容及び当ブログに掲載の動画や図表の情報は無料でご覧いただけますが、著作権は放棄しておりません。記事・図表・動画、いずれの作品または作品内容についても営利目的でお使いいただくことはできませんので予めご注意ください。また、画像・動画等に無断複製、複写、転送は禁止いたします。

<ディスクレーマー>

当ブログのすべての動画は教育目的で作成されたものです。
相場についての個人の見解を、過去の情報・チャートから解説したものであり、
未来の利益を保証するものではありません。

売買取引についての判断は一切行っておりませんので投資をされる場合は、
それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

当ブログを通じて生じたいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

<著作権について>

当ブログの記事内容及び当ブログに掲載の動画や図表の情報は無料でご覧いただけますが、著作権は放棄しておりません。記事・図表・動画、いずれの作品または作品内容についても営利目的でお使いいただくことはできませんので予めご注意ください。また、画像・動画等に無断複製、複写、転送は禁止いたします。

ファンダイベント解説ファンダメンタルズ解説
fxnyaotraderoomをフォローする
FX Nyaoのファンダ教室

コメント

タイトルとURLをコピーしました