月末フローの超簡単な予測の仕方!四半期フローにも要注意!FX初心者でもわかる月末フローの見方!

スポンサーリンク
ファンダイベント解説

どーも!Nyaoです!
資産運用会社のアナリストやってました!

今回は月末フローの簡単な確認の仕方を解説!
難しいことはすべて排除して
めっちゃ簡単な箇所に絞ってご紹介していきます!

それではまいりましょう!
ヒュウィゴー♪

【Nyaoのプロフィール】
・資産運用会社投資ファンドでアナリスト経験5年。FX歴12年。
・証券アナリスト資格有。京都大学工学部卒。
・"超わかりやすいファンダメンタルズ解説” を目指して2021年よりSNS配信開始。
→詳細:「【自己紹介】Nyaoって何者?投資ファンドで働いてたってほんと?」

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

はじめに・・・

月末フローは、実需筋の動きに応じて発生する。
ここで既に「?」となった方はまずはこちらの記事からご参照いただきたい。

スポンサーリンク




完全に把握するのは困難!

まず覚えておいてほしいのは、
実需筋の動きを完全に把握して、月末フローがどうなるか?を
完璧に予想することは困難だということです。

なのであえてここでは、初心者の方への分かりやすさを優先し、
超簡単な把握の仕方だけに絞ってご紹介していきます。

通貨強弱チャートで通貨の偏りを見よう!

一番簡単なのは通貨強弱チャートを使う方法。
通貨強弱チャートの見方が分からない方はこちらから先にチェック!

このとき、1か月以上の長期スパンで見ておくのが大事です。
月末が近づいてきたときにNyaoも1か月と3か月の通貨強弱チャートは必ず見るようにしてますね。

引用元:Currency Strength Chart | 通貨強弱チャート (fx-labo.app)

スポンサーリンク




引用元:Currency Strength Chart | 通貨強弱チャート (fx-labo.app)

直近の通貨強弱チャートでは上図の通り、ドル買い・円売りが特に顕著で
実需筋が一度保有しているドルを円に交換するような動きが想定されます。

この、「偏りが一時的に修正される」イメージ。
今回ならドルの売り戻し円の買い戻しが入るイメージ。
まずはこの感覚を持っていただければと思います。

ここまでの内容、めちゃめちゃ簡単やないですか!?
今日からでも実戦できそうですよね。

GPIFの運用報告書は必ずチェック!

次は日本の機関投資家の代表格GPIF
その運用方針から月末フローを見る方法について。

GPIFは四半期に1回、運用状況を公開しています。
ちょうどこんな感じ。

スポンサーリンク




引用元:2021年度の運用状況|年金積立金管理運用独立行政法人 (gpif.go.jp)

GPIFは国内債券・外国債券・国内株式・外国株式の比率が
それぞれ25%ずつになるように定期的にポートフォリオリバランスを行うんで、

運用状況を見て25%水準から大きく乖離しているときは
25%付近に収束する動きが予想されます。

これも月末フロー(特に四半期末フロー)として意識されやすいのでぜひ覚えておきましょう。

直近のGPIFの運用状況は7/1(金)に発表予定。
ここからみれまっせ

スポンサーリンク




注意すべき時間帯は?

この月末フローの動きで特に注意すべき時間帯は

スポンサーリンク




東京仲値ロンドンフィクシング周辺。
近づいてきたら要警戒。

まとめ

本日の内容は以上です。

今日の説明を見れば初心者の方でも月末フロー要点はわかるようになったはずなんで
月末近づいてきたら必ずチェックするようにしましょうね!

ということで、、

この記事をご覧になった方は

ぜひぜひお待ちしております(結局最後は宣伝かいっw)

ってなわけで、それではまたお会いしましょう♪

See You(‘ω’)

文責:Nyao

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーリンク

<ディスクレーマー>

当ブログのすべての動画は教育目的で作成されたものです。
相場についての個人の見解を、過去の情報・チャートから解説したものであり、
未来の利益を保証するものではありません。

売買取引についての判断は一切行っておりませんので投資をされる場合は、
それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

当ブログを通じて生じたいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

<著作権について>

当ブログの記事内容及び当ブログに掲載の動画や図表の情報は無料でご覧いただけますが、著作権は放棄しておりません。記事・図表・動画、いずれの作品または作品内容についても営利目的でお使いいただくことはできませんので予めご注意ください。また、画像・動画等に無断複製、複写、転送は禁止いたします。

<ディスクレーマー>

当ブログのすべての動画は教育目的で作成されたものです。
相場についての個人の見解を、過去の情報・チャートから解説したものであり、
未来の利益を保証するものではありません。

売買取引についての判断は一切行っておりませんので投資をされる場合は、
それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

当ブログを通じて生じたいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

<著作権について>

当ブログの記事内容及び当ブログに掲載の動画や図表の情報は無料でご覧いただけますが、著作権は放棄しておりません。記事・図表・動画、いずれの作品または作品内容についても営利目的でお使いいただくことはできませんので予めご注意ください。また、画像・動画等に無断複製、複写、転送は禁止いたします。

ファンダイベント解説ファンダメンタルズ解説
fxnyaotraderoomをフォローする
FX Nyaoのファンダ教室

コメント

タイトルとURLをコピーしました