FX【習慣化必須!】マネするだけで負けが激減?!休日で差がつくFX予習と復習!!

スポンサーリンク
テクニカル分析

どーも!Nyaoです!

今回はNyaoが休日に行っている

FXの予習と復習の方法についてご紹介。

Nyaoはこの予習と復習を習慣化するようになってから

FXで安定して勝てるようになったんでね。

ぜひ最後まで読んでくださいね!

ヒュウィゴー♪

【Nyaoのプロフィール】
・資産運用会社投資ファンドでアナリスト経験5年。FX歴12年。
・証券アナリスト資格有。京都大学工学部卒。
・"超わかりやすいファンダメンタルズ解説” を目指して2021年よりSNS配信開始。
→詳細:「【自己紹介】Nyaoって何者?投資ファンドで働いてたってほんと?」

まずは下の動画をご覧になってから
この記事を読まれることを強くオススメします!

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

Nyao流 予習と復習!その概要とは?

以下3つを行っています。

  • 先週相場の振り返り、チャートポイントの振り返り
  • 次週の重要な経済指標をチェックし、注意点を予習
  • これらの情報をもとに次週のトレードシナリオを立てる

これら3点をざっくりとでもいいので

土日の間に整理しておくと

月曜の朝に慌ててトレードに臨むことがなくなり、

それだけでも無謀なクソトレードが減って勝率が上がります。

では具体的にどのように行っていくのか?

動画配信当時に実際に行った内容を軸にご説明していきます。

手順1:先週相場の振り返り

ドル円の4時間足チャートを見ていきましょう

ざっくりポイントだけ書いていくと、

  • 日足・4時間足で方向は上
  • 紫のチャネルゾーンに沿って推移
  • 111.10で直近頭を抑えられている
  • 110.50で長いひげをつけてレジサポ転換している
    この下では強い買い勢力が存在している

長期足の方向重要ラインだけさらっていく感じ。

手順2:次週の重要指標をチェック

1週間の中で経済指標は沢山あれど

大事なものだけに絞るのが大事。

例えばこんな感じで表にまとめておくと便利

この辺はファンダの知識がゼロだと難しいかもだけど

その判別方法は別記事で解説していきたいと思う。

Nyaoの毎週末のYouTubeでも重要指標は解説しているので

それも参考にしていただきたい。

この週だとやはり雇用統計に注目ですね。

米経済も少しずつ持ち直している中で、

インフレは順調に進んでるから次は雇用!って流れがあったから。

米国のデュアル・マンデートについても別記事で解説していきたいと思う。

理想はファンダメンタルズを鍛えて、

イベントごとに対応できるようになることだけど、

慣れないうちはまずは

「やばいイベントがあるからこの時間帯はトレード気を付けよう」

こんな感じでOK!

手順3:次週のトレードシナリオを立てよう

注目ラインは110.50。

ここで押し目買いが理想戦略。

メインシナリオが崩れた場合も事前にイメージしておくのが大事。

例えば110.50を更に下抜けたときはどうするか?

トレンドライン付近で押し目買いが入りそうだな~とか。

ほんとに最初はざっくりでOK。

まずはメインシナリオを立てる、

次にそれが崩れたときはどうするか?まで考えておく

これだけで全然ちがってきます。

どうでしょうか?

初心者の方でも、

「これぐらいなら余裕じゃね?」

って思ったんじゃないでしょうか。

ほんとにこんな簡単なことが、できてないひとが多いんです。

慣れてくると時間もかからなくなると思うので

ぜひ習慣化していただけたらと思います。

まとめ

以上、Nyaoなりの予習と復習の方法について紹介させていただきました。

Nyaoのやり方はすべてではないと思うので

自分なりのルーティンを確立していただければと思います。

ということで、本日の内容は以上です。

この記事をご覧になった方は

ぜひぜひお待ちしております(結局最後は宣伝かいっw)

ってなわけで、それではまたお会いしましょう♪

See You(‘ω’)

文責:Nyao

下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました