あ行

【ファンダ用語集 – あ行】 インフレ/インフレーション

物の価値が上がること。インフレーションともいう。 100円のハンバーガーが200円になったらインフレ。 このとき、同じハンバーガーを買うのに2倍のお金がいるようになってるから、逆にいえば、お金の価値が下がってる(半減している)ともいえる。 ...
た行

【ファンダ用語集 – タ行】デュアル・マンデート

FRB(米連邦制度準備理事会)の掲げる2つのミッション(使命)のこと。 その2つとは「物価の安定」と「雇用の最大化」 簡単にいうと・・・ 前者は「インフレ率は2%ぐらいで安定させようぜ」、後者は「みんなが働ける(=職に就ける)環境にしようぜ...
英数字・記号

【ファンダ用語集 – I行】IFO企業景況感指数

独の景気を見る上で最も大事な指標。 独のIFO経済研究所が毎月下旬に発表。欧州の、特に独の景気見る上でめっちゃ大事な指標やけど下旬発表やからとにかく遅い。 だから速報性のあるZEW景況感指数を見て動向を予測して、IFOで答え合わせ、みたいな...
た行

【ファンダ用語集 – た行】ドルコスト平均法

価格が変動する金融商品を常に一定の金額で、かつ時間を分散して定期的に買い続ける手法。 例えばトヨタ株を毎月1万円分買う場合、1月が5,000円/株、2月が2,000円/株、3月が10,000円だったなら、1月は2株、2月は5株、3月は1株、...
た行

【ファンダ用語集 – た行】投資信託/ファンド

投資家から集めたお金をひとまとめにして、そのお金で株や債券などに投資・運用する金融商品のこと。別名ファンド。投資信託を運用する会社が資産運用会社。 下記2つのブログランキングに参加しています!クリックで応援をよろしくお願いします!
あ行

【ファンダ用語集 – あ行】 アクティブ投資

日経平均やNYダウなどを上回るパフォーマンスを目指す投資手法のこと。 対義語はインデックス投資。 インデックス投資と比較して手数料が高い。 下記2つのブログランキングに参加しています!クリックで応援をよろしくお願いします!
あ行

【ファンダ用語集 – あ行】 インデックス投資

日経平均やNYダウなどに連動するように投資を行う手法のこと。 例えば日経平均に連動する投資信託を、毎月一定額で購入していくようなスタイル(=ドルコスト平均法)などが一般的。 対義語はアクティブ投資。 下記2つのブログランキングに参加していま...
た行

【ファンダ用語集 – た行】中央銀行/中銀

その国の金融システムの根幹を支える銀行。 その国の貨幣・通貨を発行できる唯一の銀行「発券銀行」であり、市中銀行に対しお金を貸し付けられる最後の銀行「銀行の銀行」であり、政府の預金をも預かる「政府の銀行」でもある。 物価(インフレ率)の安定に...
か行

【ファンダ用語集 – か行】雇用統計

雇用情勢を示す統計。インフレ率と並んで各国中央銀行に政策目標として注目される。マーケットでは雇用者数だけでなく、失業率や平均賃金なども注目される。 ・米国の雇用統計: 毎月第1金曜日に米国労働省から発表。 非農業部門雇用者数、失業率、時間当...
ファンダ用語辞典

【ファンダ用語集 – A行】ADP/ADP雇用統計

米国にある給与計算代行サービスの大手ADP社が週末の米雇用統計を予想するもの。 米国雇用統計の前哨戦、とは名ばかりのまったく当てにならない指標。 予想的中率はおそろしく低い。 そのくせ、 未だにマーケットはこの結果に反応するという曲者指標。...