【ファンダ用語集 – さ行】信用乗数/貨幣乗数

スポンサーリンク

マネタリーベースマネーストックの差額を調整する乗数のこと。
別名、貨幣乗数。

マネタリーベースマネーストックの違いが分からない方は
先にそちらの解説を見てからこのページに戻ってきてくださいね!

※単語についてるリンクを押すと単語の解説ページに飛べます!

以下、信用乗数の計算方法について解説していきます。

スポンサーリンク




マネタリーベース信用創造で増やしたお金がマネーストック
というお話はすでにご覧いただいたと思います。

では一体いくらのお金が増えるのか?
この倍数を表すのが信用乗数です。

信用創造の解説でAさんが預け入れたお金100万円を元手に、
銀行はBさんに70万円融資したお話をしました。

これを使って説明していきましょう。

スポンサーリンク




なぜ銀行はAさんの100万円全部をBさんに融資しなかったのか?
それは銀行内に残しとかないといけないお金の比率が決められているからなんです。

なんせ、急にAさんにお金下ろしたいですって言われたときに対応できませんからね・・

ここで、この残しとかないといけないお金を支払準備金、
お金の比率を支払準備率というんですが、
今回のケースだと、100万円のお金に対して30万円銀行に残しておいたので、
支払準備率30%ということになりますね。

この後さらにBさんは借りたお金をCさんへの支払いに充てたとしましょう。

Cさんは70万円を別の銀行に預けますが、
この銀行も支払い準備率30%残して、この70万円を別の誰かに融資します。
この銀行は70万円×(1-30%)=49万円まで融資できますね。

スポンサーリンク




こうしてどんどん経済全体での預金残高だけが膨れ上がっていく。
しかし、支払準備率の分だけ膨れ上がるスピードは減速していくので、一定値に収束します。

等比数列の計算を挟むので詳細は割愛しますが、最終的に、
信用乗数=1/支払準備率
で計算することができます。

さっきの例だと、支払い準備率=30%だったので、信用乗数は約3.3倍
つまり、マネタリーベースが3.3倍に増えた数値、それがマネーストックだと概算できます。

今回は少し見慣れない単語も多くややこしかったかもしれませんが、
信用乗数についてぜひ覚えていただけたらと思います。

スポンサーリンク




下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーリンク

<ディスクレーマー>

当ブログのすべての動画は教育目的で作成されたものです。
相場についての個人の見解を、過去の情報・チャートから解説したものであり、
未来の利益を保証するものではありません。

売買取引についての判断は一切行っておりませんので投資をされる場合は、
それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

当ブログを通じて生じたいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

<著作権について>

当ブログの記事内容及び当ブログに掲載の動画や図表の情報は無料でご覧いただけますが、著作権は放棄しておりません。記事・図表・動画、いずれの作品または作品内容についても営利目的でお使いいただくことはできませんので予めご注意ください。また、画像・動画等に無断複製、複写、転送は禁止いたします。

<ディスクレーマー>

当ブログのすべての動画は教育目的で作成されたものです。
相場についての個人の見解を、過去の情報・チャートから解説したものであり、
未来の利益を保証するものではありません。

売買取引についての判断は一切行っておりませんので投資をされる場合は、
それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

当ブログを通じて生じたいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

<著作権について>

当ブログの記事内容及び当ブログに掲載の動画や図表の情報は無料でご覧いただけますが、著作権は放棄しておりません。記事・図表・動画、いずれの作品または作品内容についても営利目的でお使いいただくことはできませんので予めご注意ください。また、画像・動画等に無断複製、複写、転送は禁止いたします。

さ行ファンダ用語辞典
fxnyaotraderoomをフォローする
FX Nyaoのファンダ教室

コメント

タイトルとURLをコピーしました