【ファンダ用語集 – さ行】製造業受注/製造業新規受注(独指標)

スポンサーリンク

製造業の新規受注額を表す指標。
特に製造業が占める割合の大きいドイツでは重要視される指標。
(2019年時点でドイツの第二次産業比率は約30%。G7先進国内でも高い水準。)

イメージしづらいと思うので、
今回はドイツ製造業の中でも約2割を占める自動車産業の例で見ていきましょう。

スポンサーリンク




例えばドイツの有名自動車メーカー、メルセデス・ベンツ(以下「ベンツ」)の
自動車のネジを作る会社A社に注目すると、

A社にとっての受注先はベンツになるので、
A社の新規受注が増えるときはベンツがいっぱい自動車を作りたいとき。

これは自動車を買いたいひとがたくさんいるときなので、景気がいい時だとわかる。

このように、製造業の新規受注の数値の変化を見ると
この国の産業の活況さや景気動向を先読みすることができる。

スポンサーリンク




大きくは国内受注と海外受注に分かれ、
国内受注は機械設備投資の、海外受注は輸出の先行指標として活用される。

データ元:
Orders received and stock of orders | Deutsche Bundesbank
BMWK – Development of new manufacturing orders in May 2022


スポンサーリンク




下記2つのブログランキングに参加しています
クリックで応援をよろしくお願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
スポンサーリンク

<ディスクレーマー>

当ブログのすべての動画は教育目的で作成されたものです。
相場についての個人の見解を、過去の情報・チャートから解説したものであり、
未来の利益を保証するものではありません。

売買取引についての判断は一切行っておりませんので投資をされる場合は、
それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

当ブログを通じて生じたいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

<著作権について>

当ブログの記事内容及び当ブログに掲載の動画や図表の情報は無料でご覧いただけますが、著作権は放棄しておりません。記事・図表・動画、いずれの作品または作品内容についても営利目的でお使いいただくことはできませんので予めご注意ください。また、画像・動画等に無断複製、複写、転送は禁止いたします。

<ディスクレーマー>

当ブログのすべての動画は教育目的で作成されたものです。
相場についての個人の見解を、過去の情報・チャートから解説したものであり、
未来の利益を保証するものではありません。

売買取引についての判断は一切行っておりませんので投資をされる場合は、
それに関わるリスクを十分に考慮の上、ご自身でご判断ください。

当ブログを通じて生じたいかなる損害についても、
一切の責任を負いかねますことをご了承願います。

<著作権について>

当ブログの記事内容及び当ブログに掲載の動画や図表の情報は無料でご覧いただけますが、著作権は放棄しておりません。記事・図表・動画、いずれの作品または作品内容についても営利目的でお使いいただくことはできませんので予めご注意ください。また、画像・動画等に無断複製、複写、転送は禁止いたします。

さ行ファンダ用語辞典
fxnyaotraderoomをフォローする
FX Nyaoのファンダ教室

コメント

タイトルとURLをコピーしました